株は最初が肝心です。始めることは簡単ですが投資をするときには仕手株や悪徳投資顧問などの注意が必要なもののほかに、株の種類や株主優待情報などもまとめて紹介していきます。

株初心者は注意すべき仕手株

プロの投資家 株初心者が注意すべき点は、仕手株です。仕手株というのは仕手筋というプロの投資家がいて、その人たちが株価操作をしてくるからです。
そのため、株価が急騰したり急落するような激しい値動きをすることになります。仕手筋がこうしたことをするのは、株初心者をターゲットにしているからです。
急騰急落をするような激しい値動きをされると、株初心者は慌ててしまって、高値で買って安値で売るというようなことを繰り返してしまうことがよくあります。

基本的に仕手筋というのは売買のプロのようなものですから、そうした人たちの動きにつられてしまうと初心者はあっという間にその手筋にはまってしまうことになります。
株初心者が売買のタイミングを正確に冷静に判断するということはまず不可能に近いですから、そうしたことを考えるよりは、こうした仕手筋という人たちがいて、株価操作をしていることを認識しておいて、出来るだけそれに近づかないようにするというのが賢明です。
不思議な値動きをする株価があれば、疑ってかかるということもいいでしょう。
それが仕手筋のものによるかどうかは分からないにしても、怪しいと分かれば近づかないという判断をすることが出来ます。
この冷静な判断こそ株の売買をする人には必要なことだといってもいいでしょう。

株の取引においては、高値で株を掴むことが最も危険なことですがそれをさせようとして暗躍しているのが、仕手筋です。
その手法は多岐にわたりますが、株価の乱高下もその一つですし、情報操作や噂を流すというようなこともよくあります。
意味不明で根拠に乏しいような噂が出てくれば仕手筋を疑ってみるのもいいでしょう。
こうしたプロ集団があるということを知っているだけで、かなり用心深く行動をすることが出来るはずです。
株はそうしたリスクをはらんでいる金融商品でもあるということを考えて取引をする必要があります。
誰も結果に対して責任はとってくれないわけですから、自分でしっかりリスクを管理して取引することが大切です。

ハイリスクハイリターンの仕手株をあえて狙う投資家も

投資家の中にはハイリスクハイリターンの仕手株をあえて狙う投資家もいます。暴落した仕手株を狙って買い、暴騰した株を売るということを敢えてするような投資家もいます。
ハイリスクなだけにリターンも大きいというのが、その投資の魅力ということになるでしょう。
こうした投資家はタイミングだけを考えて取引をしているので、値動きの激しい仕手株を狙うことがよくあります。
仕手筋は強引に値段を吊り上げたりしているので、その値動きはプロが見ればかなり無理のあるものだということがわかります。
とすればこれに乗ってリターンを得ることを考える投資家もいるということです。
強引なことをしているということは、それだけ隙があるということですから、仕手筋の動きを注視しているような専門家からすると、仕手筋が動いたときが狙い目だと感じている人も多いようです。

ただ、これはハイリスクハイリターンですから、初心者が真似をすると痛い思いをしやすいといえます。仕手筋は初心者が慌てふためくことを考えて強引な株価操作をしていきます。
多くの初心者はこのことに気づいても、目の前の大きな損失を見れば平常心を保ってはいられませんから、慌てていろいろな行動に走ることになります。
狼狽売り、狼狽買いというようなことを繰り返すというわけです。そのようなことにならないためには、ある程度の経験を積むことも必要になるでしょう。
ですから、敢えて仕手筋の狙っている株を狙うというのは一つの戦略ではありますが、初心者はあまり近づかない方が無難です。

近づくのであればそれ相応の覚悟をして臨む必要があります。ただ、余剰資金で投資をする分にはいいかもしれません。
損しても構わないという覚悟があればこれを狙うことも一つの考え方です。