株は最初が肝心です。始めることは簡単ですが投資をするときには仕手株や悪徳投資顧問などの注意が必要なもののほかに、株の種類や株主優待情報などもまとめて紹介していきます。

株主優待を利用すれば生活が充実する

充実した生活を送る女性 株式投資は日本で上場している企業だけでも数千社あるため、どの銘柄に投資すれば良いのか初心者の場合には迷うことがあります。
選択肢が多いということはメリットとしての側面とデメリットとしての側面がありますが、慣れてくれば投資すべき銘柄の選び方がわかるようになります。

株式の銘柄の選び方としては配当金ランキングの上位に来る企業を選択するという方法が考えられます。配当金ランキングの上位に来る銘柄ならば、業績が良いことが推測できます。
株式は基本的に年に1回配当が行われますが、企業の業績によっては行われない場合もあります。
配当が行われるということは、それだけ企業に余裕があることを示しています。配当金ランキングの上位にある銘柄であればある程度は安心して購入できます。

株式投資は銀行や郵便局への預貯金と比較してリスクが大きい資産運用方法ですが、大きなリターンが期待可能な点に魅力があります。
株式の取引には現物取引と信用取引があり、信用取引では証券会社に預けた保証金や有価証券の3倍までの取引ができます。
倍率が大きいほど利益は大きくなりますが、損失も大きくなる可能性があります。
初心者のうちは信用取引ではなく安定した銘柄を選んで長期的に現物取引をするのが合理的です。

株価は毎日変動していますが、短期的な取引を行う場合にはごく近い将来の値動きを予想する必要があります。
市場の流れを正確に予想するのは初心者には困難です。
長期的な視野に立った投資を行えば、短期的な値動きに左右されずに済みます。
大抵の銘柄では毎年1回は配当が行われるので、配当金を得ながら値上がりを待つのが合理的な方法です。

様々な銘柄の中には株主優待制度があるものも存在します。
信用取引で売り注文と買い注文を同時に出すと損益を帳消しにできますが、株主優待を獲得することはできます。
株主優待の価格が取引手数料よりも高い場合には利益となります。
売り注文と買い注文を同時に出す方法は、初心者でもリスクを回避して利益を得ることができる方法です。

人気の株主優待とはどんなものか

株式投資の専門誌などが株主優待のある銘柄ランキングを発表しています。
人気のある銘柄では買物券やテーマパークの優待券、食事券などが配られています。
またデパートなどでは買物総額に応じた一定率のキャッシュサービスも行われています。
小売業や飲食業に属する銘柄に投資すると買物券や食事券、キャッシュバックなどのサービスがあるため、お得に買物や食事ができます。

株主優待には買物券や食事券などの他に企業で製造している商品が現物で支給される場合もあります。
例えば様々なお菓子の詰め合わせを配布しているお菓子メーカーや、ビールを1ダース配布している飲料メーカーなどが存在します。
株主優待を利用すれば様々なサービスを合理的に利用できるというメリットがあります。
銘柄を選択する際には企業の業績などの他に株主優待の存在も確認することが重要です。

株主優待では買物券や食事券などが配布される事例が多く見られます。
配布された買物券や食事券は自ら使用するだけでなく、金券ショップに売却することも可能です。
買物券や食事券を金券ショップに売却して現金化すれば、実質的に配当金を受け取るのと同じ効果があります。
一方で株主優待として配布される買物券や食事券などの中には金券ショップで売却できないものもあるので注意が必要です。

株式投資を行う場合に重要となるのは配当が行われていることだけではありません。
株主優待制度が充実しており、配布される買物券などを売却して現金化できる企業の銘柄を選択するのが合理的です。
信用取引で売り注文と買い注文を同時に行えば初心者でもリスクを回避した投資が可能です。
また株主優待が取引手数料よりも高額となる銘柄に投資すれば効率的に利益を得ることができます。