株は最初が肝心です。始めることは簡単ですが投資をするときには仕手株や悪徳投資顧問などの注意が必要なもののほかに、株の種類や株主優待情報などもまとめて紹介していきます。

投資信託は株初心者にはおすすめ

倒産 株式に初めて投資する場合は、現物株式を取引するよりも、投資信託を購入するのがおすすめです。
株式も投資信託も金融商品であり、元本が保証されてはいません。大きく利益を得ることが可能であるのと同様に、損失を出すリスクもあります。
ただ、現物株式の場合はその会社が倒産したら、ゼロになる可能性があります。景気が良いときであっても、倒産する会社は多いです。
株式に投資して、その資金を全部失うというのは、普通にあることです。

投資信託の場合は、投資した資金を全部失うという危険性はありません。
投資信託は、複数の株式や債権を組み合わせていることが多いですし、ゼロになる前に返金されるからです。
株式や債権の組み合わせを決めているのは、投資信託会社です。
金融商品に初めて投資する人よりは、資金運用の知識が多い専門家が、投資信託会社で組み合わせを決め、投資信託として商品化しています。
投資信託は、ファンドとも呼ばれており、ファンドは証券会社や銀行で、投資家に販売されます。

資金の運用を、投資信託会社に任せることで、より安全な運用を図ることができるようになるでしょう。
現物株式の場合、複数の会社に投資して、リスクを抑えようとする人もいますが、そのすべての会社が倒産するということもあり得ます。可能性は決して低くはありません。
利益を出せそうな投資先の選択をプロに任せる投資信託なら、その可能性が低い、と多くの人が見ています。

投資信託の中には、債権にのみ投資している商品も多いです。特に国内債券だけを扱った投資信託は、安全性が高いと一般的には見られています。
投資信託の数は、数え切れないほどあります。その中からどれを選ぶかは、投資家が決めることです。
外国株を中心に運用する投資信託もありますし、国内債券だけに絞った投資信託もあります。
リスク分散のために、株式が中心の商品と、債権が中心の商品を合わせて購入するというケースもありますが、両方とも同時に値下がりすることもあります。

投資信託の注意すべき点は元本保証

投資信託では、元本が保証されていません。元本を大きく割り込む可能性も大いにあります。
その代わり、大きく値上がりする可能性もあるということです。預貯金と違いますので、元本割れの可能性は常につきまといます。そのため、余裕資金で投資することが望まれます。

投資信託は、元本割れのリスクはありますが、株式ほどハイリスクハイリターンではありません。
株式は、2倍3倍に値上がりすることもありますが、ゼロになることも珍しくありません。投資信託は、ゼロになるのは避けられます。
それは、繰上償還という制度があるからです。資金を運用している投資信託会社は、運用継続が難しいと判断した段階で、繰上償還をおこないます。
その時には大きく元本割れはしているでしょうが、ゼロにはならず、ある程度の額は戻ってきます。

元本保証がないということで、預貯金とはまったく異なるということを認識しておきましょう。
ただ、国内債券ファンドであれば、利益率もあまり高く見込めない代わりに、リスクが低く、預貯金よりは利益が得られやすいという面が、今までのところはありました。
日本の社会は海外の国々よりは安定していると見られているため、外国債券ファンドよりも安全であると見る向きもあります。

低金利時代が続く中で、預貯金を国内債券ファンドに振り向けるケースもありますが、元本保証がないことは念頭に置かなくてはなりません。
投資信託は、大きく分けて、株式中心のものと債券中心のものに分かれます。
株式と債券は、値動きが逆になることが多いため、リスク分散のために、両方を購入するというケースがよく見られます。
しかし、両方とも同じ値動きをすることもあるため、注意が必要です。
元本保証がない投資先に、絶対、はありません。