株は最初が肝心です。始めることは簡単ですが投資をするときには仕手株や悪徳投資顧問などの注意が必要なもののほかに、株の種類や株主優待情報などもまとめて紹介していきます。

悪質な投資顧問会社には注意が必要

悪質な投資顧問 投資顧問会社は、現在、金融庁の許可を取得して投資助言・代理業を営む会社で1,000社、その他、第一種・第二種・投資運用業を併せると2,000社以上が存在するとされています。
投資顧問会社は、それぞれの得意分野や人脈、在籍する分析者や助言担当者の特徴を生かした助言サービスを展開しており、利用する際には、目的、投資スタイルを明確にしておくことが重要になります。

投資顧問で問題となっているものに投資被害やトラブルが多発していることがあります。
実際、一般社団法人 日本投資顧問業協会においては「投資の勧誘等に関する注意」、金融庁においては「詐欺的な投資勧誘等への注意」、関東財務局においては「悪質な投資勧誘への注意」として、それぞれで勧告が行われています。

投資顧問を利用する際に必ず必要となる確認事項としては、まず、金融庁への届出番号、いわゆる金商があります。
許可を受けた投資顧問会社は公式ホームページの目につく箇所に届けて番号を表記しており、届出業者は金融庁HPで確認をすることができます。

次に特定商取引の表記があります。
許可を受けている業者であれば、事業者名や営業住所、連絡先やサポート窓口など、事業者の所在が簡単に分かるように正確な情報が記載されています。
また、契約締結前交付書面の確認も重要になり、ここには契約プランや料金設定、助言方法、契約解除、クーリングオフに関する記述があるために、必ず内容を把握し、納得をした上で契約を締結する必要があります。

悪質な投資会社にはいくつかの特徴があります。
主な内容には表記会社が日本法人でないことや、サイトの作りが安っぽい・コンテンツの量・質ともに薄いこと、無料提供銘柄・無料銘柄相談・市況ニュースなどの無料情報が一切ないなどがあり、他にも、問合せの対応が悪いことや電話の対応が悪いことがあります。
また、契約プランに関しても、高額であればあるほどあたかも効果があるような内容が記載されていることが多く、詐欺に合わないためにも特徴を認識しておく必要があります。

口コミ評価はサクラが書いているケースも

投資顧問の利用で詐欺などの被害に合わないためには公式ホームページなどからの情報を良く確認することが重要になりますが、必ずしも、精度が高いとは言いにくい面があります。
中には偽の情報を流す業者もおり、この場合、より精度を上げるには、口コミや評価情報の活用があります。

良い投資顧問会社の条件には、投資家の立場に立って行動をしてくれることや、法的な許可や認可を受けていること、誠実に真実を教えてくれること、タイムリーな情報を提供してくれ必要な時に連絡が取れることなど、いくつかの要素があります。
しかし、これらの条件を満たしているかどうか個人で全てを把握することは困難であり、ここでは、口コミを利用することでより具体的な内容を把握することが可能になります。

口コミには成功例などの良い面だけでなく、中には問題点や失敗例なども掲載されます。
そのために総合的に業者を判断することができ、選択する際の参考に活用することができます。

一方、口コミを参考にする際にも考慮が必要となる点があり、それは、サクラの存在があります。
悪質サイトでは必ずと言っていいほど行う偽の投資実績と同様に、口コミの中にはサクラによる掲載が疑わしい内容があります。
通常、口コミは多くの人から寄せられることで信憑性が高まり、被害を避けるには口コミ数の少ない業者は信頼をしないことも選択肢の1つとなります。

投資において理解をしておきたいことの1つに、第三者からの情報提供があります。
投資会社は当然、有償で利用者に有用な情報を提供しています。
しかし、口コミは利害関係の全くない第三者によって行われており、ここでは、なぜ、自分に有用な情報を他人に対して情報を伝えるのかという疑問があります。
特に実績に関する情報が記載されている場合には注意をする必要があり、他の情報サイト等との比較をすることも重要なことになります。