株は最初が肝心です。始めることは簡単ですが投資をするときには仕手株や悪徳投資顧問などの注意が必要なもののほかに、株の種類や株主優待情報などもまとめて紹介していきます。

初心者向け株の購入の仕方

銀行 現在、歴史的な低金利の状態にある日本では、銀行の預金金利はほぼゼロで、資産を銀行に預けても利息収入はほとんどつきません。
こつこつと貯めた貯金や退職金などのまとまった額の資産をより有効に活用して資産を増やしていく、資産運用を図る人が増えています。
資産運用の手段としてはさまざまなものがありますが、その中でも特に人気が高いのが株式投資です。
株式投資は、取引所に上場している企業の株式を購入することから始まります。購入した後に、その企業の株価が上昇すれば、株式の資産価値も上昇していきます。

景気のよいときなどには、1年間で株価が数倍に跳ね上がる銘柄も少なくありません。
購入時よりも株価がかなり高い状態にあるときに、保有している株式を売却することができれば、その株価の差に応じて大きな売却益を得ることができます。
大金を銀行に長年預けても、雀の涙ほどの利息も得られない現状では、このリターンの大きさは大変魅力です。

一方でネックになるのが投資のリスクです。基本的に元本が保証される銀行預金などと違って、株式は元本が保証されないリスク資産に該当します。
購入時よりも株価が大きく上昇すれば大きな儲けが出てよいのですが、株価は必ずしも上昇するとは限らず、下落する場合も当然あり得ます。
株価が大きく下落すれば、当然、保有株式の資産価値も大きく低下し、運用している資産が目減りしてしまいます。
さらに、株式を保有している企業の業績低迷や不祥事などで、万が一、倒産や上場廃止にでもなってしまったら、保有株式は紙くず同然となって価値がほぼゼロになってしまうこともあります。

現在保有している資産をうまく運用して増やしていくとために株式投資には以前から興味を持っているけれども、上に述べたようなリスクを考えると、資産が減ってしまうことに対する不安がいっぱいでなかなか一歩踏み出せない、あるいは、株式投資の具体的な始め方もわからないという人が多いのも事実です。

初心者はどのような銘柄を選ぶべきか

株で大きく失敗したくない初心者の方向けの、株式投資の始め方のポイントは、購入する銘柄の選定です。
株価が急激に上昇するような銘柄は、逆に、急落するリスクも高いのです。
そこで、株初心者の方が大きな失敗をしないためには、比較的株価が安定している銘柄を選択するのがよいでしょう。

安定的な銘柄の例としてまず挙げられるのが、ある分野において、知名度が高い、あるいは、シェアがダントツの会社の株式です。
知名度が高い企業は、往々にして信用度も高く、企業規模も大きいことが多いです。
さらに、その分野において唯一無二の強みを持っており、他の会社では代用が利かない製品やサービスを提供していることも多いのです。

強みのある企業は、他の会社との競争に巻き込まれても生き残ることが可能であり、また、その強みによってどんどん攻めていくこともできます。
また、強みがあるからこそ、例えば値引き競争などに巻き込まれる可能性が低くなり、収益力を保って安定的に利益をたたき出すことができるのです。
利益を出せる企業は、業績が安定しますから、株価が下落しにくくなります。

もう1つの例としては、財務的に安定した企業です。つまり、資金が豊富で、借り入れが少ない会社です。
企業が倒産や上場廃止になる典型的な例が、手持ち資金の枯渇なのですが、財務が健全な会社では手持ち資金が豊富なためにそのような状況に陥りにくいのです。
また、財務が健全であれば、銀行にとっても貸出先として魅力的であり、企業側に有利な低い金利でお金を貸し付けてきます。

手持ち資金が潤沢である上に、資金調達が容易であると、企業買収などの新たな投資がしやすいともいえます。
このような積極的投資によって企業が一層大きくなり、稼ぐ力がアップすることから、株価も上昇しやすいというよい相乗効果も得られます。